事業内容

ASPINA は、ハードウェア・ソフトウェアの開発と製造をグローバルに展開し、「希望」と「快適」をカタチにする企業グループです。

当グループでは、精密モータやドライバ、アクチュエータなどのモータソリューション、動作検証・解析ツールをはじめとする産業ソリューション、デジタル録音図書読書機器や補聴器などの福祉・生活支援機器の3つの事業を行っています。各分野におけるトップ企業の皆様や数多くのエンドユーザーの皆様から、顧客志向の高品位の製品やサービスであるとご評価をいただいています。

1918年の創立以来、当グループは研究開発から営業、製品設計、生産、製品やサービスの供給までグローバルなネットワークを構築し、世界各地のお客様のニーズに合わせた幅広いソリューションを提供しています。

精密モータ、ドライバ、アクチュエータ、および関連製品

主に自動化、環境、車載、医療・福祉の分野で使用される精密モータ、ドライバ、アクチュエータ、モジュール、システム製品を開発、製造しています。当グループではモータ・関連製品の研究開発から設計・生産までを一貫して行う体制を整え、バリューチェーン全体でお客様のニーズにお応えしています。
製品開発においては、当社製品が組み込まれるお客様の機器の価値向上につながるよう、「小」、「軽」、「静」の三つの要素を実現する技術を追求しています。お客様機器の省スペースや利便性を向上させる「小型化」、利用シーンの変化に対応する「軽量化」、快適性を向上させる「静音化」を目指すとともに、これらの要素を組み合わせて高効率化などを実現する提案をしています。

実績・特長

  • 自動車業界で認められた高品質・高信頼性(国内外の大手自動車部品メーカーで採用)
  • 個人・家庭用機器から事業者向けの機器まで、業界トップシェアの企業で多数の採用実績
  • お客様の求める価値を真に実現するカスタム対応から、少量短納期のご要望に応える標準品モータ(Plexmotion(プレクスモーション)ブランド)まで、お客様のニーズに合わせた様々なソリューション
  • お客様企業の国際的な事業展開に対応する、グローバルな生産・供給網

産業ソリューション機器

製造業の開発・生産・品質保証部門などにおける問題解決のため、PLEXLOGGER(プレクスロガー)ブランド製品で「効率化」と「見える化」による提案をしています。当グループが長年培ってきた画像解析技術により、映像とデータの記録と表示をオールインワンで実現する製品を提供し、製造ラインの高度化や新製品の性能向上などに取り組むお客様の生産性や品質の向上に寄与します。

実績・特長

  • 問題への迅速な対応が求められる製造ラインや製品設計の現場で多数の利用実績
  • 高速ハイスピードカメラとデータロガー、モニタのセットにより、高速映像とデータ波形を同期記録しその場で表示

福祉・生活支援機器

視覚・識字障がい者や難聴者の方などの自立と社会参加に向け、音声技術を活用した支援機器やソフトウェアを開発、提案しています。
特に視覚・識字障がい者向けのアクセシブルな図書の制作・読書環境を、PLEXTALK(プレクストーク)ブランドのハードウェアとソフトウェアで、日本、ヨーロッパ、アメリカをはじめ世界中の皆様に提供しています。また管理医療機器の認証を受けた補聴器の開発、製造、販売を行っています。
ASPINAは福祉・生活支援機器の事業で、生涯支援をキーワードに、新しい顧客価値を実現する製品の開発を通して子どもから高齢者までのQOL(生活の質)の向上に貢献します。

実績・特長

  • 視覚・識字障がい者向けデジタル図書規格(DAISY)の国際標準化から参画し、業界では群を抜く知名度
  • DAISY規格対応の図書再生・録音機では世界トップクラス(国内90%以上)のシェア(2020年2月現在)
  • プレクストーク事業活動が評価され、平成24年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰 「内閣総理大臣表彰」を受賞