当社社員の新型コロナウイルス感染について

インフォメーション

2020年12月13日

当社社員の新型コロナウイルス感染について

ASPINA          
シナノケンシ株式会社    
総務本部 本部長 宮下 友博


 シナノケンシ株式会社は、本社(長野県上田市)に勤務する社員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを確認いたしました。

1.概要

 当該従業員は、所轄の保健所の指示のもと、12月11日にPCR検査の結果、陽性であることが確認されました。同従業員は、現在の症状は軽微な状態でありますが、12月4日以降は出社しておりません。なお、本人は不特定多数の人と接触する職務には就いておりません。

2.対策

 当社では、感染拡大防止のために次の対策を講じております。

・当該従業員の社内勤務エリアでの消毒作業を実施済み。
・全従業員の手洗い・マスク着用の徹底・換気の定期実施(継続実施)。
・全社的なテレワーク(在宅勤務)の交替実施(継続実施)。

 上記対策を徹底し、通常どおり業務を行っております。

 なお当社では、社員や地域、お客様をはじめとした皆様の健康と安全を最優先に、感染拡大防止に努めてまいります。今後、関係機関と連携して最善の対策を講じてまいりますので、地域住民の皆様、関係者の皆様には、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 なお、感染者とその家族の人権尊重、個人情報保護にご理解をお願い申し上げます。